遺産分割シミュレーション

一次相続と二次相続の納税額の合計額を最も少なくするためには配偶者がどれだけ財産を取得すればいいかをシミュレーションすることができます。
(配偶者の固有資産は概算額を入れてください)

法定相続人の数
(配偶者含む)
課税価格合計額
(基礎控除前)
配偶者固有資産
(純資産)

上記の試算は前提条件に基づく試算結果であり、また、あくまでも個別の分割を考慮しないで一定の想定(※)のもとに行った概算計算です。実際の相続税額の計算は税理士にご相談ください。
※ 相次相続、生前贈与加算などの個別事情は考慮していません。また子供には均等配分としています。

遺産分割協議書の見本・書式・雛形はこちら

1.標準的な遺産分割協議書の書き方・雛形

標準的な遺産分割協議書の書式です。不動産や預金の分割協議に利用できます。


2.相続人に未成年者がいる場合の遺産分割協議書の書き方・雛形

相続人が未成年者の場合、特別代理人が必要となる場合の遺産分割協議書の書式です。


3.債務の負担がある場合の遺産分割協議書の書き方・雛形

被相続人に一部借金がある場合の遺産分割協議書の雛形です。


4.代償分割がある遺産分割協議書の書き方・雛形

相続財産の大半が不動産の場合に現金等で相続財産を調整する代償分割の場合の書式です。


5.相次相続のときの分割協議書の書き方・雛形

両親が相次いで亡くなってしまった時など複数の相続を一つにまとめて協議をする場合。

遺産相続の相談ならこちら

東京、大阪、名古屋
0120-339-336
受付時間 9:00~19:00 [土・日・祝日除く]

お気軽にメールください。